替弓持 

かえゆみもち と読む。

蟇目の儀において、射手の替弓を持ち、控え侍する役。
弓は左手は握革下、右は本弭(もとはず)を持つ。
射手が式退所に進んでから下がるまでの間、定められた位置にて蹲踞(そんきょ)し、捧持する。

三郎




  • 最終更新:2011-02-25 00:52:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード